*All archives   *Admin


    2004年07月17日(土)

    アホでした、、

    ■なぜか部屋に1匹のハエが迷い込んで来てー、、
    BBTの夕食のミートソーススパゲティにハエが止まろうとした瞬間…
    『ノーーーーーーーーッ!!』と叫んでいた自分…(-”-;)
    隣にいたテディさん、自分が注意されたと思ってビックリ顔でBBTを見てました(≧▼≦;)

    ■明日は小樽でクラブ展
    先輩と開始時間に間に合うように見学に行く予定です?^^
    また小樽のお寿司が食べれますぅ?ヾ(≧∇≦)〃
    00:44  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年07月04日(日)

    昨日は四十九日

    昨日は、ボクくんの四十九日。そして予定ではブルが納骨されている仏壇への納骨の日でした。
    が・・・・・
    BBT、体調が悪くて延期ですー、、
    今週末は北海道インターがあるので、それまでには、なんとか復帰したいのですが今は微妙な所…。
    とりあえず、インターに向けて療養中。。。
    00:38  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年06月29日(火)

    ありがとう.....

    素敵なプレゼントを頂きました。ビビくん、どうもありがとう。
    この素敵なプレゼントを皆さんにも是非、覗いて頂けたら嬉しいです。
    (こちら)
    本当にありがとう・・・
    00:36  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年06月26日(土)

    嵐君のバースディ♪

    嵐くん、本日2歳のばーちゅでぃ?なりよぉ?ヾ(≧∇≦)〃てか…えっ?嵐って2歳になるの?妙に大人びて見えるけど(見た目だけ)(≧▼≦;)精神年齢はお子ちゃまのまま・・・。そんな嵐のお声を、もう一つの日記で披露しちゃいますぅー!!音声のみですが…このシト良く喋るのよ、、(;^_^A アセアセ
    それとぉー、、BBTの鼻声は気にしないでちょ ..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ
    20:34  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年06月20日(日)

    BBTは小間使い......

    我が家では、お犬様が主人で....人間様のBBTが小間使い....( ̄∇ ̄;
    一番口うるさいのは…言うまでも無く…ジュエルお坊ちゃま(>_<) BBTのベッドに上げろだの…ベッドの下に落ちたオモチャを取れだの…ベッドから降ろせだの…まぁーとにかく、うるさい、うるさい!
    聞こえない降りをすると、しまいには仮病を使う有り様…
    このシト…どう言う育ち方をしたのでしょうね?f(^_^;
    …とか言いながら…
    ジュエルお坊ちゃまの小間使いとして、きちんと指令を果たすBBTなのです(☆_-)b

    …と、まぁ?順番と言うか、順位がグチャグチャなBBT家ですが…
    みんなが楽しければ、小間使いも悪くもないかなと…(≧▼≦;)

    ( ̄0 ̄;アッ!日常生活の犬のしつけですか???
    そんなのBBT家には、ない!ない!ない!ヾ(≧▽≦)ノ…(汗汗
    00:32  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年06月17日(木)

    月命日

    昨日(16日)はボクの月命日でした。
    お花とお骨を持って、お寺に行って来ましたが…もう1ヶ月経つのかぁー、、早いなぁー、、奥のほうで物音とかがすると、ボクかな?なんて思っちゃったりして、その後に「あーそうか…」と現実に気付く事もしばしば…

    この子とは、長く二人っきりで居た分、また色々な思いがありますが、全部を文章にして伝えると軽く捕らえられがちなので、ここでは、あえて書けません。

    でも…今ボクに思う事は、感謝の気持ちと、ゆっくり休んで欲しいと言う事…
    そして、このシト達の事を見守っていて欲しい…


    これからもBBTは、ブルとボクには今居る子達と同じように出来る範囲の事はしてあげたい。

    四十九日は、ブルの入っている仏壇に納骨して来ます。それまで、ボクのお骨はお家にいます^^
    00:29  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年06月07日(月)

    おやつ

    テディに話し掛けると何気に視線をブルの仏壇に向けます。「おやつちょーだい」アピールです!!ブルの仏壇には、BBTのおやつから、このシト達のおやつまで供えられている。テディの、そのアピールにいつも負けるBBT、、
    でも面白いですよねー犬って!!
    例えば…例えばですが、50gの大きなおやつを1個貰うよりも、20gのおやつを2個貰ったほうが満足感があるみたいで…
    極端に言えば、10gのおやつも3個貰ったほうが満足する・・・
    ですから量よりも数!!
    どう考えても、50gのおやつを1個貰ったほうが、お徳なのに・・・

    うちの場合・・・たまごボーロも1個を2つに割れば、2個のおやつの出来あがり(≧∇≦)b
    そんなこんなで、いつも「数」に騙されてる このシト達でした?ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
    23:27  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月31日(月)

    ふてくされジュエル…

    今回、北見でドッグショーがあったので、ジュエルさんはお留守番隊。
    お出掛け=ジュエルもお出掛け・・・と思い込んでいるジュエルにとっては、今回は大きな打撃のよう、、

    帰宅後、ジュエルと対面した時は大喜びだったけど、ふと我に返ってからは…「お母しゃん嫌い!ぷんっ!」
    今日もふてくされのジュエル・・・
    BBTのベッドの下の脇に入り、名前を呼んでも出てこない、、
    抱っこしても顔も見ないし、降りると言い出すさま・・・
    意外とジュエルって執念深いのねぇー (-”-;)うぅ・・・
    明日のジュエルさんのご機嫌はどうでしょう・・・
    23:25  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月26日(水)

    テディさん、高熱から脱出!!

    実はテディさん・・・
    ボクお兄ちゃんが息を引取ってから夜になると、毎日高熱を出していました、、原因は寝不足・ストレス・疲れ・・・と思われ・・・。テディってBBTが家に居る時は、寝ない子…。
    ボクお兄ちゃんの看病から、ずっとBBTに付き添っていたテディ。
    夜中でも異変があれば起き上がり電気を付けてボクお兄ちゃんの様子を見ていた為か…

    昼間はBBTがいるので、横になっていても熟睡していない。
    ちょっと気を許して一瞬イビキをかいて深い呼吸で眠りに入るけど、1分ほどでビクッと焦って起き上がるテディ…「あれ?今寝ちゃったてたかも!ヤバイヤバイ!!」みたいな感じで…。
    夜は寝てても、いつBBTが起き上がるかわからないので熟睡していない。

    ・・・と言う訳で一日中、緊張していたテディ。
    それが…なんと9日間も続いていたんですから・・・。
    後半は、もう限界だったのか高熱を出し、息苦しそうに吐いてて辛そうでした。

    見るに見かねて・・・
    初七日の前日、テディを寝かせる為に夜、家を空けました。
    6時間ほど寝れたと思いますが、それだけでは寝たり無かった模様、、

    そして・・・
    9連休も終わり、BBTの仕事復帰・・・しかも残業、、
    テーちゃん、寝たでしょーねぇーーーーー!!
    その日は熱も出さず、吐きもせず・・・正常な呼吸。
    でもちょっとまだ完璧ではない!!
    仕事復帰2日目・・・またもや残業、、
    またまたテーちゃん、寝たでしょーねぇーーーーー!!

    もう完璧です!!


    テディは起きてる事に必死で、見ていて可哀相になりました、、
    お留守番に慣れている子って・・・うーん、、色々考えてしまう、、

    えっ?あっ・・・ジュエルと嵐ですか???
    このシト達は・・・BBTが居ようが居なかろうが・・・眠たい時は寝る!!それが健康の秘訣だと言っております、、
    20:21  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月22日(土)

    初七日

    今日は初七日法要に行って来ました。
    早いもので、あれから1週間・・・。色々な思いがある中、あれよあれよと言う間に・・・。
    そして今日は、ブルの月命日でもあるので、お花を持って行って来ました。

    ボクのお位牌・・・
    火葬の際に、初七日までに間に合うようにお願いします…とお願いして来たのに、お寺のほうで四十九日までだと勘違いされていて、出来あがってなかった、、
    今は、お位牌の形をした金色の薄い紙をラミネート加工したもの…
    それじゃ、あまりにもボクが可哀想・・・
    来週には出来上がるそうなので、受け取りに行って来ます。
    次は7月3日の四十九日…そして納骨の日…
    多分、あっと言う間なんでしょうね、、


    ボクのお気に入りの場所だった出窓・・・
    そこには、いつもボクが居たので何も置いていません。
    ウェッジウッドのワイルドストロベリーが大好きなBBT…。
    昔から食器や、花瓶など、もろもろ集めていた(?と言うか集めている)ので、そこの出窓にはワイルドストロベリーのプランターを置こう!と決めてネットで検索していた所…
    「え”っ・・・幸運を呼ぶワイルドストロベリー???」
    いちゅから?????知らなかった・・・・・
    苗も鉢植えも結構お高いのねぇー、、
    前は、そんなにしなかったと思うけど・・・・・
    もしかして、ワイルドストロベリーって今、ブームなのぉ???
    って言うか、気付くの遅い???

    でもやっぱり、ボクがいつも居た出窓には、可愛いワイルドストロベリーを置いてあげたいな・・・。

    【画像】今日撮ってきたブルの納骨堂の仏壇です。



    20:18  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月20日(木)

    マッサージとリラクゼーションCDで。

    ボクの命が残り1日か2日だと言われた時、体温が急激に低下していました。先生からは「こんなに体温も下がって…」耳も冷たくボクが横たわっている場所にも、ぬくもり一つ感じない・・・そこに何か物を置いていた?ってほど、ぬくもりがありません、、

    『本格的なマッサージ!!』と思って、何を思ったのかパソコンで検索を始めたBBT。
    それも「マッサージ」とかで検索をすれば良いものを動揺していたのか
    「ペルシャ猫」で検索していた…
    でもHITしました!!ペルシャ猫から何故かマッサージが!!
    今思えば、凄く不思議・・・

    そこのHPには、ある本のマッサージ方法を抜き出しで掲載していたのですが、とりあえず真似て見た。
    書かれている通り、両手を擦り合わせて手の平に「気」を入れて、マッサージ法通り、その手でマッサージ。
    (これは本とは別ですが、リラクゼーションCDの音楽を流しました)
    そうすると…見る見るうちに体温が…
    マッサージ中は、苦しみながらもノドをゴロゴロしてくれたボク。
    ぬくもりを取り戻し、お肌もグレーっぽかったのがピンク色に…耳も温かくなっていました。
    マッサージの手を止めると数十分でまた冷たくなって行く…でもまたマッサージを始めると、ぬくもりを取り戻してくれて、ボクも気持ち良さそうでした。

    結局、宣告通り、ボクの命は2日で絶えましたが、このマッサージで最後は少しは気持ち良くなれかたと思うと、やってあげて良かったと思いました。

    その本ですが・・・
    良く見かけてはいましたが、全く興味はありませんでした。
    そんな効果ってあるの?みたいな感じで…と言うか…信じなかったと言うか…
    でもちょっと、違ってましたねー!
    ネットで調べても評価が高いんですねー@この本。知らなかった、、
    犬用でも同じ著者から出ているとの事なので、早速ネットで検索してみた所…絶版、、
    なんとか手には入りましたが、もっと早くにその本を読んでおけば良かったと後悔しました。
    ふと思ったのですが…
    健康体の時にマッサージしても、このマッサージ法の良さがわからないかも…ですから、本の良さもわからないかも…と思いました。
    微妙ですね・・・
    ただ、コミニュケーションとリラックス法と言う形でマッサージが出来ます。

    でも、もし何かの時の為に・・・と用意されても構わないんでしたら、この本…意外とお勧めしかもしれません。

    「フォックス先生の犬マッサージ」
    「フォックス先生の猫マッサージ」

    ペット・マッサージの第一人者フォックス博士が教える「犬マッサージ」。
    病気の早期発見だけでなく、トータルなヘルスケアに効果絶大!徹底イラスト解説付きでカラー写真も満載。
    第1章 どうしてイヌにマッサージが必要なの?(なぜイヌにマッサージが必要なのでしょう?;野生動物を家で飼うことの代償 ほか)
    第2章 知っておきたいイヌの体(マッサージをする前に;まずはマッサージを体験してみましょう ほか)
    第3章 イヌにマッサージしてみましょう(マッサージの基本的な流れとテクニック;マッサージのときの手の動き ほか)
    第4章 治療のためのマッサージ(治療マッサージとは?;一般的な治療マッサージ ほか)

    ・・・とあります。

    それぞれ、出版社が2箇所あって590円(?)のものと1500円(?)のものがあります。但し、どちらも絶版です、、
    20:16  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月19日(水)

    早いもので、、

    ボクの火葬が終わってから3日が経ちました。3日もボクの顔を見ないなんて初めて・・・
    今度の土曜日は初七日なので、お骨を持ってお寺に行って来ます。猫に初七日まで???と思われる方も居ると思いますが・・・、今までのボクへの感謝の気持ちを込めて、私なりに出来る範囲内の事は、やってあげたいの。ブルの時もそうしていたし・・・

    でも今回は・・・
    四十九日を終えたら、お寺に納骨をしようと考えています。
    ブルと同じ仏壇に入るしね^^

    私のお友達が何人か、この納骨堂に来てくれた事があります。
    他には無い、良い環境に驚いていました。
    本当に明るいし、古くても綺麗だし、何時間でも居れる納骨堂。
    子供の日は、それぞれの仏壇にミニ鯉のぼりが立てられていたり…ミニ雛壇やアラレが置かれていたり…
    クリスマスにはクリスマスツリーやリースまで仏壇に飾られます。
    行事前後の納骨堂は本当ににぎやかなんですョ。そんな納骨堂を見ていると愛情いっぱいな飼い主さん達の気持ちが伝わって来ます。
    人間では考えられないんだけど、お供え餅まで仏壇に置く家族も多い!!
    そう言う我が家もですが…^^;

    そして、やっぱりいつもお参りの人でいっぱい。
    ここで供養されている子達は幸せだと思った^^
    そんな納骨堂だから、四十九日を終えたらボクを納骨する決心がつきました。
    ボクにお友達もたくさん出来そうだしね。

    20:15  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月19日(水)

    あのシト達も・・・

    看病からずっとボクに付きっきりだったBBT。
    でも思ったほか、いつも手の掛かるテディが良い子で居てくれていた。
    寝たきりのボクお兄ちゃんの様子を察してか、テディはボクお兄ちゃんにベッタリで、オデコとオデコを付けて寝ていたり、微笑ましい光景を見る事が出来ました。
    BBTの看病している姿を横でジッと見ていたり…普段なら考えられない行動、、
    影でテディも頑張っていたんだね、、その証しにテディさん、緊張感が抜けたのか…ボクお兄ちゃんの葬儀が終わってから下痢っP、、
    頑張って良い子でいてくれて、ありがとうね^^とても助かったョ。

    ジュエルは、とても聞き分けの良い子。
    絶対手の掛からない子…と信じていたのに…(T^T)
    ハッキリ言って手が掛かりました!!
    しかもボクお兄ちゃんに遊んで?遊んで?攻撃、、
    ヤキモチも人一倍なので、左手でジュエルを抱っこをして、右手でボクを擦るBBT…
    ジュエルちゃん、もう少しお兄ちゃんになろーね!ちょっと、お母しゃん大変だったョ^^;;

    嵐は、いつもと変らない生活のようでした。
    うーん、、さすが嵐!!…実は…もの凄く鈍感???
    まぁー嵐らしくてある意味、安心…とも言うかも…?^^;


    看病等で、休みを頂いてから今日で5日目。
    さすがのテディさん達もBBTが一日中、家にいるからお疲れの模様…
    あちこちで生き倒れ…ジュエルは白目を向いて深い眠りに入っているし、嵐は目の前で人に背中を向け爆睡し、テディは体をピクピクさせながらプゥープゥーとイビキをかいて寝ています。
    今週いっぱいは、お仕事お休みするので、このシト達、日ごと大人しくなって行くかも?!!

    そんなこんなで、このシト達に色々な形で癒されてるBBTです。
    20:14  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月18日(火)

    ペットロス

    前回ブルを亡くした時、BBTは重度のペットロスになりました。
    1週間で7キロ。1ヶ月で10キロも体重も減り、拒食症寸前まで来ていて母の介護を受けていました。そして、ブルの事を思えば泣いてばかり…仕事も行けずペットロスと戦っていました。

    でもこの私が、どうして今回は一人で全部出来たの?
    死に慣れた訳ではありません。
    これは今、私の周りに、相手の気持ちになって物事を考えてくれる とても心優しい方々が多くいる事…
    一緒に悲しんで泣いてくれて、励ましてくれたりもした。
    病中介護時の励ましも、心の支えになった。
    勇気も貰えたし。
    だからお骨拾いも一人で出来たんだと思う。
    ある友人には、しつこいくらい電話をしていた…今こうであーでね、、と状況を説明しては泣いて…でも黙って話しを聞いてくれていた。電話越しで相手が泣いているのもわかった、、

    最後のお別れの時も…
    いよいよBBTもダメかな…と挫折しそうになった時、BBTからは、なんの連絡もしていなかったのに…火葬中に届いた数通のメールには皆、「しっかり!」「頑張って!」と書かれていた。これって大きな大きな励みです。
    火葬の時間を覚えてくれていたのにも感動しました。

    そして…帰宅してから…
    また数通のメールが携帯やPCに届いた。この時が一番多いメールの数でした。
    今度は、「お疲れ様でした」と言う内容のものとボクに対するお悔やみの言葉…

    今回はどうしてもBBTとボクだけの葬儀にしたかった…
    それを、みんなに見守られながらBBTとボクは頑張れました。

    今回の事でたくさんの感動を貰いました。
    ボクの死は勿論悲しいです、、だから日記にはほとんどボクへの気持ちは書いていません。
    やっぱりまだ、あの苦しく辛い癌と戦い、吹き出すような吐血…脳裏に焼き付いて離れません。
    その時のボクの目や、楽しかった時の思い出・・・
    これは日記に書くつもりはありません、、と言うか書けません、、

    でも今、私の周りにいる友人達のおかげで、ゆっくりとボクの死は乗り越えられそうです。

    本当に本当にどうもありがとう。
    こんな心優しい先輩や友人達と知り会えて本当に嬉しいです。
    20:13  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

    2004年05月17日(月)

    最後のお別れ…

    今日は1時に霊園の方がお迎えに来て、お経上げのあと火葬に入りました。
    最後のお別れは、やっぱり辛い、、この目で見るのも、この手で触れるのも、これが最後…
    涙が止まらなくて…でも一生懸命撫でてて…

    ボクには、皆さんから頂いたお花を一輪づつと、大好きな缶詰ご飯、そしてBBTのTシャツを入れた。
    「40分ほどお待ち下さい…」
    本当に最後のお別れ…

    力が抜けて待合室に戻って携帯電話を見た時、
    BBTの心情を察して、励ましのメールが数通入っていました。
    悲しみの涙とは別に、また涙…凄く嬉しかった。本当に嬉しかった。
    メールをくれた皆さん、どうもありがとう。

    ボクの火葬中はずっと見える所にいました。
    煙突から立ち上る煙を見ながら、また涙…

    「どうぞこちらへ…」
    お骨になったボク、、
    小さな小さなお骨の欠片まで拾う…
    思わず「こんな細かいお骨まで拾う人いませんよね、、」
    お寺の方はハケを差し出して、「灰なども入りますので、これを使って下さい、、」
    一人で小さな欠片まで拾っているので、かなりの時間になってしまい、お寺の方に「手伝いますね」…まで言われてしまいました…
    でも、時間を掛けててでも一欠片も残さず拾いたかったの…

    しっかりとしたお骨だったけど、やっぱり細くて小さい…
    骨壷にお骨が一杯になった時、最後の頭部を入れる為、体のお骨を砕く。
    そして顎と頭を砕かずに、そのまま骨壷に入れる…(ここのお寺は良心的なので頭部のお骨は絶対に砕かないの)
    リアルなお話しでゴメンナサイ、、

    骨壷を受け取り、葬儀は終わりました。
    そのまま骨壷を抱き、2階のブルの仏壇へ行きました。
    2時間くらいブルとボクの元でボーッとして帰宅しました。

    皆さんから頂いたお花で祭壇がいっぱいになりました。
    ブルとボク…一緒に並びました。
    明日、ボクの写真立て買いに行こうかな…


    BBTですが…
    皆さんがとてもBBTの事を心配してくれていて…
    でも今回は大丈夫です!!
    今回のボクの死は日ごと体力が弱ってくるのを見ながら覚悟が出来てきていました。
    そして、ブルの時と大きく違うのは、犬猫仲間がネットなどを通してお友達になり、親密なお付き合いをさせて頂いていた事。
    お電話やメールなど頂いたり、私の話しを黙って聞いて下さったり…本当に本当に励みになりました。これは大きく前回とは違うな?って感じです。
    皆さんに凄く感謝しています。どうもありがとう。


    画像…
    皆さんから頂いたお花に埋もれているブルとボクです。素敵なお花、本当にどうもありがとう。

    余談…
    陸邸からのお花が届いてボクの横に置いた時、なぜか陸邸のお花が一輪ボクの体の上に…
    凄く不思議でした。そのまま、そのお花をボクの腕の中に入れました。
    ボクも嬉しかったんだね。

    最後に…
    ボクへの思いは、ココへは書かず胸に秘めておく事にします。
    書きながら泣いちゃいそうなので、、





    20:09  |  2004.4?2005  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
     | HOME |  NEXT