*All archives   *Admin


    2019年02月21日(木)

    無理はしない。

    今日はテディの鍼灸の予約日でしたが、午前中、ヨダレとお鼻ぐじゅぐじゅ。
    何かのアレルギーか、または朝ごはんが逆流したか。←よくあります。
    こうなると落ち着くまで1時間~2時間かかり、その間、テディは立ちっぱなしなんです。見ていると、立っているほうが呼吸が楽にできるみたいです。
    落ち着いてくると疲れて爆睡します。

    時間を見ると、鍼灸行けないこともないんですが、テディの寝る時間が取れないんですよね。
    立ちっぱなしで疲れているのに。。

    なので、無理はしないでおこうと今日の鍼灸はお休みさせて頂きました。
    病院側でもテディの年齢から状況をわかって下さって、快く次回の予約を受け付けて下さいました。感謝。

    今日はなんだかずーっとぐじゅぐじゅやってたかな。



    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    23:53  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年02月10日(日)

    テディが私の元に来て19年♪

    大切な手帳があります。
    先代ボク君の時代から愛用しているもの。
    2019021010134718d.jpeg
    当時、長く使うものだからと、しっかりとした作りで布製のファイルを買いましたが、シミが・・・。
    だけど、このシミ具合が長い年月を物語ってますよね。



    ボクとブル、そしてテディ。
    この手帳には3頭の様々な記録が記されてます。
    2019021010134805e.jpeg



    テディは、先代ヨーキー ブル君がお世話になっていたドッグトレーニング経由で我が家にやって来ましたが、その経緯も全て書かれてます。
    ヨーキーを迎えたいと伝えたこと、そして金額、何時の飛行機に乗って九州から北海道にやってきたか。
    そして、何時に札幌につき、何時にテディをドッグトレーニング教室に迎えに行ったか・・・
    様々なこと♪

    テディは、19年前の2月7日に私の元へやって来ました♪
    生後4ヶ月でした。
    その頃の様子を読み返すと、可愛いったらありゃしない((* ॑꒳ ॑* ))
    だけど、今も昔も同じく可愛いんだな~♪と再確認。


    19年。
    こんなに長い期間、テディと一緒にいられる私って幸せものです★+゚



    今朝のテディ♪
    食後のうとうと・・・♡




    からの~
    恒例のおやすみタイム♡
    2019021009441179c.jpeg

    2月5日に19歳と4ヶ月になりました♪


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    10:32  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年02月05日(火)

    長寿の証『 イ・ボ 』♪

    ちょっと目立つところにイボ♪


    鳥さんチームがテディの背中に乗ったりしてるので、摘まれないように気をつけなくっちゃね(*´艸`*)


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    20:45  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年02月05日(火)

    陽☀︎のエネルギー

    10:54  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月30日(水)

    テディごはん♪

    今日も食欲もりんもりん♪
    2019013010162199c.jpeg




    朝ごはんはこの量。

    夜は更にボリュームアップで、それを2回に分けて食べるので、テディには夜ご飯が2回あります。
    羨ましい(*´艸`*)


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    10:22  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月24日(木)

    オクラのアレルギーと食事中対策

    テディさん、お薬のアレルギーのほかに食べ物にもアレルギーがあります。
    長年食べてきたものでも急にアレルギーが出始めることも。

    テディのご飯は食材を多く使っているので、その中の何にアレルギーを起こしているのか・・・を追求するには少し時間が掛かりますが、やっと先日、オクラだと判明しました~
    やはりこちらも長年食べてきた食材。
    急にアレルギーが出始めたようです。
    いや、今思えば、、食後に目が充血することが多くて、その時も追求しながら食材を減らして行ったのだけど、もしかして既にオクラがダメだったのかもしれないな・・・と。

    何はともあれ、現在テディが食べているごはんはアレルギーが出ていないので、一安心。



    そんなテディさん。
    19歳ともなれば、足腰の筋力は衰えますね。
    だけど、よく立てているほうだと思いますが、やはり転んだり尻もちをつくことも多い。

    食事中はフードボウルの乗ったテーブルの周りをグルグルと回りながら食べることも多い分、よく転びます。
    そしてテーブルの上に手を置いて食べたりもします。
    その時に転んで腕を挟めると危ないので、フードボウルの落下防止用の柵は取り外しています。(隙間に腕が入ってしまうんですよね。)

    こちらは水飲み用のテーブルですが、このシルバーの柵です。
    2019012409511564a.jpeg



    そしてね、
    コルク床の上に更にこんなにたくさんの滑り止めマットを敷きます。
    コルクより滑らず踏ん張りも効くし、転んでもクッション性があるので重宝してます。
    2019012409511341e.jpeg
    (実はこのマット、お友達のFacebookで知りました~)



    以前は1枚で済むように大きなマットを買うことも考えたんだけど、小さいほうが洗濯しやすいのと、100円ショップのものなので買い替えやすいので、こんな感じにしてます。
    それと、隙間が多い滑り止めマットなので、オシッコをしても下のトイレシーツに上手い具合に流してくれます。



    ごはんを食べてから、テーブルまで舐め尽くすこと30分以上。
    踏ん張りながら舐めていたりするので、筋肉のためにもここは敢えて舐めさせています。
    20190124095114dd4.jpeg




    30分以上も立っていられるって凄いでしょ★+゚
    その後はぐっすりだけどね♡
    20190124101254753.jpeg


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    10:15  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月21日(月)

    テディ、バッチリ♪

    先日のお薬のアレルギー。
    翌日もあまり調子が良くなかったのだけど、ありがたいことに その後からはバッチリ!

    元気になったテディさん★+゚
    20190121164618ff0.jpeg


    20190121164619d5a.jpeg


    後ろ姿も可愛い♡
    20190121183730131.jpeg


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    16:59  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月17日(木)

    久々にお薬アレルギー

    現在、マイナス11度まで気温が下がっている札幌。
    外はアイスバーンかしら?


    ここ最近、また鼻水がよく出るようになったので(歯からの影響)、抗生剤を飲ませていました。
    抗生剤は自己判断で飲ませられるように、予備で頂いてます。
    それを飲ませて、今日でちょうど8日目。

    以前はアレルギーが出ていなかった抗生剤ですが、この数ヶ月前からアレルギーが出るようになりました。
    だいたい10日目くらいから症状が出るので、そろそろ気をつけなきゃいけないなーと思っていました。
    なので、そろそろ一旦、抗生剤はお休みしようと。
    そんなふうに考えていた矢先・・・


    突然、泡を吹いてチアノーゼ。そして、ひっくり返る。
    舌がどす黒くなっていました。
    そして奇声を上げていて、、
    その後は、粘着質の強い鼻水でぐじゅぐじゅ。。
    そして、くしゃみの連発。、

    これは、テディの場合のお薬のアレルギー症状の1つ。
    (最近はこのパターンが多いように思う。)

    抗生剤を飲ませるときは、ステロイドを1包から2包に増やしていましたが、何を思ったのか、昨日からステロイドを1包に戻していました。
    もうこれは私の大失態ですよね。。
    それと、この気圧配置も影響あるのかな。
    テディがひっくり返ったとき、私もちょうど気圧でクラクラしていてベッドで休もうと思っていた時でした。


    約1時間ほどでお鼻が落ち着き、疲れて寝てしまいました。
    20190117172907e23.jpeg



    泡を吹いたのと、鼻水が大量に出たのとで、お顔がびしょびしょになってましたが、一眠りして目が覚めた時にはこの通り、可愛い子ちゃんに戻っていました。
    もちろん、寝る前にお顔拭きましたけどね。
    20190117172909f90.jpeg


    20190117172908ce8.jpeg


    20190117172911cc1.jpeg


    一度、リセットしたいので、明日からは抗生剤はやめよう。


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    18:06  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月17日(木)

    テディの分泌物

    15日の病院の日。
    テディのお顔にある分泌物の大きな塊を院長先生にチョッキンして頂きました。
    今だから『頂きました。』なんて書けますが、『その時の記事』にも書いたように、院長先生には失礼極まりない発言連発だった私(^^;;
    院長先生、副院長先生のほかに、5~7人(在籍)の先生方もいらっしゃるので、その時は他の先生にも助けて頂きたいほどでした(笑)

    だけど・・・
    20190117102027736.jpeg

    こうして、分泌物の大きな塊があった左頬を下にして寝ているテディの姿を見て・・・
    今は院長先生に感謝してます(*≧▽≦)
    いやぁー、あの時、取って下さって本当に良かった!感謝!!



    今日の札幌は、午後から気温がマイナス10度以下になるとか。
    厳しい寒さになりそうなので、今日はお買い物にも行かずにテディとおこもりに徹したいと思います★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    10:39  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月15日(火)

    テディの病院の日(なぜか長文に)

    今日はテディの病院の日。
    予想最高気温が4度だったので暖かいと思いきや、家を出た時には氷点下。
    帰りは気温が1度まで上がってましたが、風が強くって体感は結構な寒さでした~
    もちろん、テディは完全防備で寒さ対策バッチリ★+゚

    スリングに毛布を敷いて、厚地パーカーにもこもこコート。
    20190115194920f44.jpeg



    実はこのコート、10数年も前にテディとジュエルにお揃いで買ったもので、ジュエルもこのコートを着て病院に通っていました~
    その時の懐かしいジュッくんの写真♥
    20190115200604091.jpeg




    懐かしいなぁ~
    ジュエルがいた頃は、こうやって玄関に並べて掛けていました。
    201901152009553f9.jpeg



    話は戻りますが、いくら完全防備とは言え、ここは北海道。
    体感が意外と寒かったのでJRを降りてから今日はタクシーで病院へ。


    思いのほか空いてましたが、今日は院長先生の診察に。
    心臓を診て頂くようになってから担当の先生が院長先生から副院長先生に変わったので、院長先生に『ん!』って診察室に入るよう合図されたのに、『え?わたし?』って失礼極まりない私(笑)

    特に問題なく過ごしてたのですぐに終わるはずでしたが、テディのお顔の分泌物が大きくなって来ていて、それを見た院長先生。
    20190115202441975.jpeg


    『今切ったら血が出るので、あともう少し伸びるまで待てば切り取れるので、それまでこのままでいい。』と言う私と、こんなの付けてるより取ってしまったほうがいい!の院長先生。


    意見が分かれます(笑)


    院長先生は、小さなハサミを持って、チョキチョキ。。
    それを見て、『先生!大丈夫!?』『先生!大丈夫!?』と何度も言う私。
    仕舞いには、『先生、私、家でやる!!』『もういい!!』って。。
    院長先生に向かって、ここでも失礼極まりない私。しかもタメ口!
    だけど院長先生、そんな私の言葉は笑いながら無視(笑)

    結局、やはり血は出ましたが、院長先生的には『取ってしまったほうがいい』ので、無事に終了って感じでした(*≧▽≦)

    10年以上もジュエルの時からお世話になってる院長先生で、いつも安心しきってお任せしていますが、今日みたいのははじめてでした(笑)
    院長先生、ごめんなさい~(^^;;



    お薬を待っているとトイプーさん飼い主に年齢を聞かれて『19歳なんですよ。』と答えると、『そんなに生きれるんですか!』って。
    そして、トイプーさんに『19歳まで頑張ろうね。』って。

    実はこの会話、よくあるんです。
    病院の待合室で年齢を聞かれて答えると、必ず皆さん、自分の子に向かって『19歳なんだって、○○ちゃんも頑張ろうね!』って言っています。

    テディは待合室でも立っていることが多いので、とても元気に見えて、よりそう思うようです。


    前回、鍼灸の先生が20歳になったら他の飼い主さんへの励みにもなりますよね。って言っていたけど、19歳という年齢でも充分に励みになっているように思います。


    今は昔より医療なども進化してますから寿命も伸びているようで、JKC(ジャパンケンネルクラブ)の長寿犬表彰も18歳からに引き上げられましたよね。

    10数年前までは、14歳と言えばご長寿!!と言われていました。
    それから、16歳、17歳、と伸びて来てますから、また数年後には20歳が普通になったりしてね。



    帰りはちょうどお昼時。
    気温が1度まで上がってたので、駅まで歩きました。
    いつも思うけど、夏も冬も川がとても細いのに、河川敷がとても広い!
    水量が多いのを一度も見たことないですが、多いこともあるんですね、きっと(?)
    20190115192422009.jpeg




    JR札幌駅に着いてから立ち寄ったのは、きのとやベイク。
    ここの焼き立てチーズタルト、大好き。
    温めるより半分凍ってるのを食べるほうが好き♪
    こちらの、きのとやベイクは通路で買えるのでワンコが居ても買うことができます。
    20190115192428a59.jpeg
    そう言えば、関東方面では『ベイク』という店名でこのチーズタルトが売られてるらしいですね。
    きのとやが本州進出していたとは!!(きのとやの親族が経営)



    帰宅後
    眠たいはずなのに、しっかり立っています。
    20190115192423c90.jpeg


    20190115192424ee4.jpeg



    訴えてるのは『ご・は・ん♪』
    秋までは夕方に病院に行っていて、帰宅したらちょうどゆうごはんの時間でした。
    それをちゃんと覚えているんです、、
    笑顔でアピール♪
    20190115192430607.jpeg



    放っておいても『ごはん下さい。』って。。
    全然寝ようとしないので、、
    厚地のパーカーは暑いのでお着替えをして、少しだけごはん。
    20190115192425cad.jpeg




    ほんの少しでしたが満足したようで、やっと寝てくれました★+゚
    20190115192427606.jpeg

    可愛い(* ॑꒳ ॑* )⋆*


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    21:19  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月11日(金)

    テディ 鍼灸の動物病院(27回目)

    先月は私が風邪でダウンしたため、2ヶ月ぶりの鍼灸となってしまいましたが、その間、元気に過ごしてくれていたので安心しました。

    今日は27回目の鍼灸通院です。
    待合室では最近、抱っこよりもこうして立っているほうがいいんだってさ。
    少しでも座っていたい私とは大違いだわ(笑)
    20190111230423e6a.jpeg
    だけど、こうしてずっと立っていることに感心。


    施術中も、(目が見えるので) 色々と向きを変えながら、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
    その姿を見ながら先生が『いやぁ、今年20歳ですよねー。すごいな。』って笑うし。

    そう言えば、かかりつけの病院の先生が前回、『心臓のほうは悪くなっている感じは無い。』と言っていました。
    そして今日、鍼灸の先生が『テディくんは結局、心臓のお薬は飲んでないんだっけ?』って。
    お薬のアレルギーが出て心臓のお薬は飲んでいないことを伝えると、『心臓のお薬飲んでないのに、1年前と何も変わってないですよね。』と。
    現状維持ですね★+゚
    そして続けて『このままならホント20歳いけそうだね!20歳の壁は大きいけど、それを超えられたらみんなの励みになりますよねー!』って言っていました。


    春先って何かと体調が崩れやすいので、今年は3月からは月1回ではなくて少し回数を増やすことにしました。
    これは昨年から先生とお話していました。


    気がつけば、認知症?と思われた症状も今はないの。
    それは、心臓のお薬を飲み始めて始まり、そして、飲むのを止めたら認知症?と思われる症状は無くなったの。
    先生曰く、今のテディを見ても『認知症とは言えない。まず、顔がハッキリしてるもんなー』と仰ってましたけど、私もこれは感じてます。


    帰宅してから爆睡からの目覚め♪
    20190111230426b20.jpeg


    20190111230423a2a.jpeg


    201901112304258f8.jpeg

    ね。お顔、年齢のわりにハッキリしてますよね♪


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    23:29  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2019年01月10日(木)

    テディ元気♪

    今日は美容室に行ってきたのだけど・・・
    美容師さんがチョイスして持ってきてくれた本がこれ。
    20190111001701e89.jpeg
    私のこと、よーくわかってるよねぇ(笑)



    そう言えば最近、ブログにテディが登場してませんでした~
    とても元気です★+゚

    お顔のイボがなんだか目立ちますね。少し大きくなりました^^;
    だけどこれも長生きの証♪



    201901102355028c4.jpeg


    20190110235503070.jpeg


    明日は鍼灸のほうの動物病院の予約日。
    今日は4度まで気温が上がった札幌でした。
    明日は最高が-1度なので、今日溶けた雪が凍結してアイスバーンになっていないことを願う~!!お願い!!

    追記)考えてみたら明日は雪でした。
    なので降りたての時はアイスバーンじゃないから逆に歩きやすい★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    23:55  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年12月31日(月)

    19歳になったテディの一年♪

    ありがたいことに、今年も心豊かに楽しく暮らすことができて、感謝の日々でした。

    小鳥さんチームの たんぽぽちゃん、つくしちゃん、カムイさんはもちろんのこと、何よりテディが無事に元気で一緒に年越しができること。。
    これが私にとって一番の今年の嬉しいこと★+゚

    今年の春は、咳が止まらなくなったため、心臓のお薬をスタートすることになり、これによりお薬の副作用に随分と悩まされました。
    泡を吹いたり、チアノーゼを起こしてひっくり返ったり。
    人用のお薬もダメで、、
    心臓のお薬を止めると咳が止まらなくなる・・・
    そして食欲もなくなり食べられなくなる・・・
    立ち上がれない。。
    なんだか弱っていく・・・。
    悪循環でした。


    元々、お薬のアレルギー持ちのテディですから、心臓のお薬のほかにも利尿剤に副作用が出て中止になったり。
    今だから、このお薬に副作用が出て・・・と話せますが、当時は、どの薬になんの副作用が出ているのか手探りでした。
    いや、そもそも、初めの頃は、泡を吹いたり、チアノーゼで倒れたりすることが、お薬の副作用だと気が付きませんでした。
    なので、それがわかるまで少し時間がかかりました。

    そんなこんなを乗り越え・・・
    原因がわかり。。

    そしてテディの場合、一番大きく副作用の出た心臓のお薬はどれを飲んでも同じだろうと、心臓のお薬は飲まないで行くことになりました。
    なので、現在は咳を抑えるために飲んでいるお薬のみですが、現在のところ、ステロイドと気管支拡張薬の投与。これで落ち着いています。

    と言っても、テディは若い頃に検査の結果、数値的にはクッシング症候群。(クッシング症候群のお薬は薬疹が出て中止)
    なので、本来はステロイド薬はNG。
    だけど幸い、症状はないの。
    ただ、だからと言って油断は出来ないと思いますので。。
    先生のほうで超微量を上手に処方して下さっています。
    そして私のほうでは、テディの咳の状態によってはステロイドを増やしてみたり・・・と調整しています。
    なので、ステロイドは調整分を含めて、少し多めに頂いてきています。
    だけど、幸いにも滅多にステロイドを増やすことはありません。
    あっても2~3日増やしただけで落ち着いてくれている状態です。


    正直、あの頃は『覚悟』もしなければならないのかな。。と思いました。
    なにせ、当時で18歳。

    それがそれが、今ではあの頃がウソのように生活をしていて、19歳のお誕生日を迎えることができました。
    この年齢でよくあのお薬の副作用に耐えたな・・・と驚いています。

    今年、テディの主治医は院長先生から循環器に強い副院長先生に変わりました。
    テディのお薬のアレルギーをみて、経験豊富な副院長先生でも、『ここまでははじめて。』と仰っていましたが、きっとテディみたいのは希なのかもしれません。
    だけど、こうして落ち着いていられるのも先生のおかげ。。と感謝しかありません。

    そして、院長先生のときから、こうやって上手にお薬の調整をして下さっていたからこそ、テディの場合は、ここまでの年齢まで来れてるのもある・・・と思っています。



    そして当時は、そんなテディの模索しながらの治療の様子を鍼灸の動物病院の先生に伝えていました。
    『うーーーん、どうしようかな。』
    どこにどうアプローチしていくか、しばし悩まれる様子もありましたが、適切に施術して下さったと思います。
    こちらの先生にも感謝しかありません。


    驚くことに、このブログを見て、動物関連の某テレビ番組の企画担当者から連絡を頂き、企画書なども送って下さって・・・なんてこともありましたが、番組に応えられるようなエピソードなどはありません。とお返事させて頂いてますが。。
    テディがハイシニア犬であることで声を掛けて頂きましたが、良い記念になったし、私自身への励みになりました♪


    今年はテディの様子を書いた手帳が、使い込んだ参考書みたいに分厚くなりました^^;
    向かって右側のが来年から使う、柄違いの新しい手帳です。
    20181231133639ba4.jpeg



    あらためてテディの写真はアップしますが。。
    『さてと掃除機かけるかな。』と思った瞬間、隣の部屋に移動してくれた空気の読める子(*´艸`*)
    20181231133640128.jpeg


    今年も一年、テディのこと見守って下さって、ありがとうございました★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    13:49  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年12月16日(日)

    テディ病院の日

    今日はテディの病院の日。
    気温が4℃まで上がってお天気に恵まれました★+゚
    路上の雪が溶け始めてましたョ。
    私はというと、風邪をひいていて、、しかも、ドライアイからの~アレルギー性の結膜炎で左目が真っ赤。
    体調が今ひとつなこともあって、今日は手稲駅からタクシー。
    もう、年末に掛けて、私は大浄化です!

    テディはご機嫌♪





    病院のお正月お休みもあるし、冬の通院は出来るだけ減らしたいのもあって、今回は28日分のお薬にして頂き、念の為、鼻水用の抗生剤も頂いてきました。
    それとステロイド剤も1週間分プラスして頂きました。
    20181216202836e87.jpeg


    20181216202834f19.jpeg

    帰宅後はテディも私も爆睡(*´艸`*)
    再来週、鍼灸のほうの動物病院に行って、年内はおしまい★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    20:48  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年12月11日(火)

    私から伝えられること。

    過去を遡ってブログを読んでいました。
    水頭症っ子ジュエルが亡くなった2012年1月に『私から伝えられること。』というタイトルで記事を書いていました。
    実は、これを書いた記憶がありません^^;
    だけど、もちろん書いてるのは私(笑)
    読み返してみると、あの当時、一番に訴えたかったことだったんだろうな~って。
    そして、少しずつあの当時のことを思い出しました。

    今ならもう少し違う書き方をしているかもしれませんが、伝えたいことは同じ。
    記事が埋もれていたので、当時のままコピペしてみました。



    『わたしから伝えられること。』

    長く付き合っていかなければならない病気には、腹をくくって病気を受け入れ、向き合って行ったほうが良い。。
    のは、皆がそう思っているんですよね。私もその一人です。


    私は、ジュエルと生活をして来て、一番に頭に置いていたのは、痛みや苦しみを分かち合う。とか、そういうことではなくて、ジュエルと楽しく生きていくためには、どうしたら良いのかな。
    これを常に考えて来ました。
    まず、家の中が「陽」であること。そして、とにかく「安心」を作り出すことを心掛けました。

    ジュエルの立場になって考えたとき、【発作=動揺したり、かわいそう・辛い】ではなくて、【大丈夫。大丈夫。】と言ってドーンと構えていてくれたほうがきっと安心すると思うんです。

    発作中のジュエルを発見した時、私はすぐに抱き上げますが、「発作だ。どうしよう。」とかいう気持ちは全然なくて、「発作だ。さて、何をしたらジュエルは安心するかな。」をまず状態を見て、すぐに考えます。
    なので、時には発作中でも歌も唄って来ました。
    体がまだうごかなくとも意識が戻った時、「あ、なんか楽しそう♪」と顔がパッと明るくなるんです。その顔がね、またとても可愛かったりするんですョ~♪



    「表現者たけの世界」のたけさんのHPにも書いてあります。
    『大丈夫 きっと良くなる』の作品詳細に

    なんの根拠もないけど、「大丈夫」と言われたら、不思議にそんな気がする。
    僕もそうだった。
    発病して、突然人生が変わった。もちろん僕は絶望しましたが、母も食べられない、眠れない、泣いてばかり(らしい)。でも僕が安定してくると、母は泣かなくなり、「大丈夫!何とかなる!」と力強く言い放ち、落ち込みがちになる僕を逆に励ましてくれるのです。
    何を根拠に言っているのかわかりませんが、母にそう言われると何となくそんな気がしてくるのです。
    僕の知り合いに、同じように病気で中途障害を持ってしまった人がいます。
    その人は障害のある自分を受け入れ、もう一度歩き出すことに8年もかかりました。
    それは本人だけでなく、家族も一緒になって泣いてばかりいたからだそうです。
    周りのものが明るく、前向きに考えていけば一番辛い本人も自然と「大丈夫、きっと良くなる」と思い、良い結果が生まれるような気がします。


    とあります。私、何度もこの文章を記事に書いて来てますが、これって本当にそうだと思うんですョ。




    私の中に「大変」はありませんでした。いつ発作が来るかな?と頭の隅に思いつつも、「来たら来たらだ!」の気持ちでいたので、毎日が楽しかったです。
    「大変」という言葉は私の中には無いのかもしれません。
    先代ブルも発作持ち。先代ボクは寝ない看病が続きましたが、「大変」は無かったです。
    偶然なのか?私の周りでも「大変」という言葉を口に出す人がいないんです。
    脳に疾患があり、寝たきりの子(発作っ子)と一緒に暮らしていても、その方も「大変と思ったことはない。」と以前に言っていました。往復10時間掛けて札幌の病院を受診したりもしていましたけどね。でもその方も明るく生活していました。だから、犬の顔が笑顔なの。
    残念ながら長い闘病生活に終止符を打ち、ジュエルの1ヶ月前に旅立ってしまいましたけどね、、
    関東のお友達、まみさんもそう。。この方には随分と支えられました。


    「出来る範囲でのことで。」これが一番なんだと思います。
    私よりも手を掛けられない人がいるのも事実だと思います。
    私以上に手を掛けられる人がいるのも事実だと思います。
    でも、出来る範囲で出来る事をしていれば良いんだと思います。
    (病院にも連れて行かない。治療もしていない。とかは論外な話ですよ)

    ただし、
    出来る範囲のことは、ただやるんじゃなくて・・・
    出来る範囲のことは、一生懸命にやりました。
    でも、私に出来ないな。と思ったことは無理をしませんでした。無理をする必要はないと思うのですよ。それが負担となり、ストレスになりますから。自分の為にストレスを抱えている飼い主さんなんてきっと動物は嫌ですよね。


    往復3時間の通院が20日に1回。
    真冬以外は、地下鉄とJRで行きました。
    携帯画像 818

    だから、行くなら公共交通機関を使って綺麗な景色な中をジュエルと歩いて、色んなものを感じながら楽しく病院に行きたい。。ただそれだけだったんです。
    携帯画像 943

    周りからは「すごく頑張っているね。」なんて言われてましたが、車を運転しない私はそれが苦じゃなかったんですよね。だから、無理してないの。
    逆に車があって、運転する人が犬を連れて公共交通機関を使って通院するのは、とても負担が多いと思います。
    でも逆に、私は車を運転しないので、病院の帰りにもっと綺麗なところに連れてってあげたい!と思っても、それが出来ませんでした。
    だから、自分の範囲で出来ること・・・でいいんだと思います。


    たまに「ブログを見ました」ってメールを貰うことがあるんです。
    でも、最終的に相手は何を言いたいのかな?というと、「まゆみさんは強いですね。私は目の前で発作を起こしている子を見たら可哀想で泣いてしまいます。」とか、「私はまゆみさんほど強くありません。」とか、そういうメール。
    「よく平気でいられますね。」と言われているみたいでしたよ~
    平気なわけないじゃないですか~
    でも、ジュエルのことを考えたら、ドーンと構えている明るい飼い主が良いんです。
    「安心」が良いんです。・・・と私は思いますけどね。。

    病気の軽度・重度とそれぞれですが、飼い主の気持ちが(例え大変であっても)「大変」て思う生活より、「楽しい♪」と思う生活のほうが良い☆ きっとそのほうが動物たちも喜ぶと思いますョ☆
    私、とても楽しかったです。

    一気には無理でも、少しでも頭の隅の置いて、たまに「あ、明るくね☆」と思い出してみて欲しいと思います。
    ちょっとした頭の切り替え・・・。ちょっとだけ意識してみて欲しいなぁ~と思います。
    動物のためと、自分のために。


    長い間、ジュエルのことをブログに書き、そして、ブログを見て下さった方からメールを頂く。。
    同じ病気、発作っ子の飼い主さんが多いです。
    内容を読んで、「どうして、そんなに悲観的なんだろう。」
    ・・・いつも感じていたことでした。なので、これを伝えたかったんです。
    (でも逆に勇気を頂くメールも頂いてました♪)

    そうそう!セッションの感想は近日中に~!テディの近況もね☆




    当時の長文を読んで下さって、ありがとうございました。
    付け加えるなら・・・
    検査結果や病状悪化に落ち込むことももちろんありますが、その後にどうするかということ。。でしょうか。。


    ありがたいことに、テディは現在19歳になりましたが、ストレスの無い生活を送っていることが、テディの長生きに繋がっている要因の一つのような気がします★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    00:00  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |  NEXT