*All archives   *Admin


    2018年12月11日(火)

    私から伝えられること。

    過去を遡ってブログを読んでいました。
    水頭症っ子ジュエルが亡くなった2012年1月に『私から伝えられること。』というタイトルで記事を書いていました。
    実は、これを書いた記憶がありません^^;
    だけど、もちろん書いてるのは私(笑)
    読み返してみると、あの当時、一番に訴えたかったことだったんだろうな~って。
    そして、少しずつあの当時のことを思い出しました。

    今ならもう少し違う書き方をしているかもしれませんが、伝えたいことは同じ。
    記事が埋もれていたので、当時のままコピペしてみました。



    『わたしから伝えられること。』

    長く付き合っていかなければならない病気には、腹をくくって病気を受け入れ、向き合って行ったほうが良い。。
    のは、皆がそう思っているんですよね。私もその一人です。


    私は、ジュエルと生活をして来て、一番に頭に置いていたのは、痛みや苦しみを分かち合う。とか、そういうことではなくて、ジュエルと楽しく生きていくためには、どうしたら良いのかな。
    これを常に考えて来ました。
    まず、家の中が「陽」であること。そして、とにかく「安心」を作り出すことを心掛けました。

    ジュエルの立場になって考えたとき、【発作=動揺したり、かわいそう・辛い】ではなくて、【大丈夫。大丈夫。】と言ってドーンと構えていてくれたほうがきっと安心すると思うんです。

    発作中のジュエルを発見した時、私はすぐに抱き上げますが、「発作だ。どうしよう。」とかいう気持ちは全然なくて、「発作だ。さて、何をしたらジュエルは安心するかな。」をまず状態を見て、すぐに考えます。
    なので、時には発作中でも歌も唄って来ました。
    体がまだうごかなくとも意識が戻った時、「あ、なんか楽しそう♪」と顔がパッと明るくなるんです。その顔がね、またとても可愛かったりするんですョ~♪



    「表現者たけの世界」のたけさんのHPにも書いてあります。
    『大丈夫 きっと良くなる』の作品詳細に

    なんの根拠もないけど、「大丈夫」と言われたら、不思議にそんな気がする。
    僕もそうだった。
    発病して、突然人生が変わった。もちろん僕は絶望しましたが、母も食べられない、眠れない、泣いてばかり(らしい)。でも僕が安定してくると、母は泣かなくなり、「大丈夫!何とかなる!」と力強く言い放ち、落ち込みがちになる僕を逆に励ましてくれるのです。
    何を根拠に言っているのかわかりませんが、母にそう言われると何となくそんな気がしてくるのです。
    僕の知り合いに、同じように病気で中途障害を持ってしまった人がいます。
    その人は障害のある自分を受け入れ、もう一度歩き出すことに8年もかかりました。
    それは本人だけでなく、家族も一緒になって泣いてばかりいたからだそうです。
    周りのものが明るく、前向きに考えていけば一番辛い本人も自然と「大丈夫、きっと良くなる」と思い、良い結果が生まれるような気がします。


    とあります。私、何度もこの文章を記事に書いて来てますが、これって本当にそうだと思うんですョ。




    私の中に「大変」はありませんでした。いつ発作が来るかな?と頭の隅に思いつつも、「来たら来たらだ!」の気持ちでいたので、毎日が楽しかったです。
    「大変」という言葉は私の中には無いのかもしれません。
    先代ブルも発作持ち。先代ボクは寝ない看病が続きましたが、「大変」は無かったです。
    偶然なのか?私の周りでも「大変」という言葉を口に出す人がいないんです。
    脳に疾患があり、寝たきりの子(発作っ子)と一緒に暮らしていても、その方も「大変と思ったことはない。」と以前に言っていました。往復10時間掛けて札幌の病院を受診したりもしていましたけどね。でもその方も明るく生活していました。だから、犬の顔が笑顔なの。
    残念ながら長い闘病生活に終止符を打ち、ジュエルの1ヶ月前に旅立ってしまいましたけどね、、
    関東のお友達、まみさんもそう。。この方には随分と支えられました。


    「出来る範囲でのことで。」これが一番なんだと思います。
    私よりも手を掛けられない人がいるのも事実だと思います。
    私以上に手を掛けられる人がいるのも事実だと思います。
    でも、出来る範囲で出来る事をしていれば良いんだと思います。
    (病院にも連れて行かない。治療もしていない。とかは論外な話ですよ)

    ただし、
    出来る範囲のことは、ただやるんじゃなくて・・・
    出来る範囲のことは、一生懸命にやりました。
    でも、私に出来ないな。と思ったことは無理をしませんでした。無理をする必要はないと思うのですよ。それが負担となり、ストレスになりますから。自分の為にストレスを抱えている飼い主さんなんてきっと動物は嫌ですよね。


    往復3時間の通院が20日に1回。
    真冬以外は、地下鉄とJRで行きました。
    携帯画像 818

    だから、行くなら公共交通機関を使って綺麗な景色な中をジュエルと歩いて、色んなものを感じながら楽しく病院に行きたい。。ただそれだけだったんです。
    携帯画像 943

    周りからは「すごく頑張っているね。」なんて言われてましたが、車を運転しない私はそれが苦じゃなかったんですよね。だから、無理してないの。
    逆に車があって、運転する人が犬を連れて公共交通機関を使って通院するのは、とても負担が多いと思います。
    でも逆に、私は車を運転しないので、病院の帰りにもっと綺麗なところに連れてってあげたい!と思っても、それが出来ませんでした。
    だから、自分の範囲で出来ること・・・でいいんだと思います。


    たまに「ブログを見ました」ってメールを貰うことがあるんです。
    でも、最終的に相手は何を言いたいのかな?というと、「まゆみさんは強いですね。私は目の前で発作を起こしている子を見たら可哀想で泣いてしまいます。」とか、「私はまゆみさんほど強くありません。」とか、そういうメール。
    「よく平気でいられますね。」と言われているみたいでしたよ~
    平気なわけないじゃないですか~
    でも、ジュエルのことを考えたら、ドーンと構えている明るい飼い主が良いんです。
    「安心」が良いんです。・・・と私は思いますけどね。。

    病気の軽度・重度とそれぞれですが、飼い主の気持ちが(例え大変であっても)「大変」て思う生活より、「楽しい♪」と思う生活のほうが良い☆ きっとそのほうが動物たちも喜ぶと思いますョ☆
    私、とても楽しかったです。

    一気には無理でも、少しでも頭の隅の置いて、たまに「あ、明るくね☆」と思い出してみて欲しいと思います。
    ちょっとした頭の切り替え・・・。ちょっとだけ意識してみて欲しいなぁ~と思います。
    動物のためと、自分のために。


    長い間、ジュエルのことをブログに書き、そして、ブログを見て下さった方からメールを頂く。。
    同じ病気、発作っ子の飼い主さんが多いです。
    内容を読んで、「どうして、そんなに悲観的なんだろう。」
    ・・・いつも感じていたことでした。なので、これを伝えたかったんです。
    (でも逆に勇気を頂くメールも頂いてました♪)

    そうそう!セッションの感想は近日中に~!テディの近況もね☆




    当時の長文を読んで下さって、ありがとうございました。
    付け加えるなら・・・
    検査結果や病状悪化に落ち込むことももちろんありますが、その後にどうするかということ。。でしょうか。。


    ありがたいことに、テディは現在19歳になりましたが、ストレスの無い生活を送っていることが、テディの長生きに繋がっている要因の一つのような気がします★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    00:00  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年12月05日(水)

    19歳2ヶ月になりました♪

    おかげさまで元気に過ごしています。
    鼻水も落ち着いてきた♪
    20181205222951077.jpeg


    20181205222952dd5.jpeg



    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    22:31  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月26日(月)

    テディ病院の日(再会!)

    明るい時期は午後からの診療でも良いけど、この時期はもう午前診療じゃないとね。
    なんせ病院が遠いので。。

    ということで今日は、お薬が明日までの分しかないので午前診療で行ってきました。
    副院長先生お忙しかったのか、久しぶりに柄本院長先生の診察でした~


    今日はね。
    待合室でお隣になった方がなんと!和子さんの時に大変お世話になったsachiさんでした!!
    北区太平の前谷院長がいるほうの病院に通ってる方なので、まさかこちらの手稲区の病院にいるとは思わず、最初は気が付かなかったんだけど、まさかまさかの久しぶりの再会でした。
    今は皆さん、遠くても症状に合わせて先生を選びますよね。
    sachiさんも遠くからの通院。。(sachiさん、北区も手稲区もとっても遠いの)
    ちなみに我が家は嵐くんがいた頃、手稲区の病院で肝臓が他の犬の半分くらいの大きさとわかり、その他にも諸々あって専門分野の北区の病院を紹介されて行ったことがありますが、めっちゃ遠かった~!

    テディがお薬もらうまで待ってくださって、帰りはsachiさんご夫婦のタクシーにJR手稲駅まで便乗させて頂きました。
    久しぶりの再会、嬉しかったです★+゚


    帰宅後のテディ♪
    201811262133405fb.jpeg


    20181126213341fa5.jpeg


    2018112621334295b.jpeg


    そう言えば、また黄色い鼻水が出てるのを言い忘れてしまいました。。
    明後日、抗生剤のこと病院に電話しないと。

    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    21:59  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月25日(日)

    テディ元気♪

    ありがたいことに、元気に過ごせています♪



    20181125233154fb2.jpeg


    明日は病院の日。
    気温は8度くらいまで上がりそうで、ツルツル路面も解消されて歩きやすそう!


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    23:35  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月20日(火)

    鍼灸の動物病院(26回目)

    今日は鍼灸予約日でした。
    行きの気温4度。
    そうそう、深夜にやっと札幌で初雪(みぞれ)が観測されたとか!
    そんな寒い中、完全防備で病院へ向かいます。

    『え?よくそんな所見つけたねー』な所にハマってしまう事があるテディ。
    だけど、認知症というにはまだまだ初期の段階だそう。
    そもそも顔つきがまだしっかりしています。
    先生曰く、『神明がある。』だそうです。

    そして続けて先生が、『1999年生まれの子が生きてるって凄いですよねー。昔の人の言い方で言うと、年が明けたら20歳。』って。
    鍼灸に通ってるのは病中の子やシニアの子が多いと思います。なのでよく先生は『猫が20歳超えるというのは結構あるけど、ヨーキーでこの年齢って珍しいですよ。』って。
    これ、普段通ってる動物病院の担当医も仰っていました。『ヨーキーでは珍しい。』って。

    何より、年齢のわりに、しっかりしている。
    これが凄いと思います★+゚

    ご飯&一眠り後のテディ♪
    20181120203121e91.jpeg


    2018112020312185a.jpeg


    20181120203123379.jpeg


    帰りは気温が3度になっていました~
    次回の鍼灸はまた1ヶ月後♪



    来週は、普段通っている手稲の動物病院へ。


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    20:35  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月13日(火)

    テディの顔の分泌物

    数年前に顔のイボが取れた!って喜んでいたけど、後に先生に診て頂いてイボじゃなくて分泌物だとわかりました。
    ちょっとずつ、ちょっとずつその分泌物が出てきます。(拭き取れるものではない)
    詳しく言うと、黒い塊が小さいときは肉眼ではイボにしか見えない感じ。
    それがどんどん大きくなると、『イボじゃないね。』って見えるかんじかな。

    ある程度の大きさになると皮膚から離れ、そして毛が伸びてくると切り離すことができます。
    もう多分ね、2~3回くらい取ってます。

    そして現在がこんな感じ。
    201811132307524ff.jpeg
    年内には切り離せるかなー

    ちなみに前回取れたのが、2月頭です。
    こんな感じです。
    201811132323141d1.jpeg



    そして、取れたあとはこんな感じでホクロのように見えます。
    20181113232315c41.jpeg



    この分泌物が出てくるようになったのは確か、16歳か17歳頃くらいからだったように思います。
    カラカラした感じでとても軽いです。

    歳を取ってくると色々あるね。
    長生きの証拠かな★+゚


    今日も可愛い子ちゃん♪
    20181113230751cd4.jpeg


    2018111323075006b.jpeg


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    23:15  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月08日(木)

    テディにストーブガード

    子犬の頃もこれまでも、ストーブガードは必要なかったので設置したことないのだけど、今になって必要性を感じて設置してみました。
    と言っても、ペットサークルで代用★+゚
    (ジュエルが使ってた柵です♪)


    ストーブ前が大好きなんだけど、ここ最近は体が熱くなってても寝てるので、ストーブと寝場所との距離を開けるためにも。
    それと、転ぶこともあるのと、ストーブ脇に入り込んで行くのもあって。

    留守中はこれで安心★+゚
    2018110822381807e.jpeg


    201811082244480d6.jpeg


    2018110822444928a.jpeg
    しかも、よしかかれるようになりました♪

    あ・・・。もしかして『よしかかる』って北海道弁かも。。
    だとしても、よしかかるの標準語がわからない(笑)


    追記★+゚
    標準語は『寄りかかる』なんだって!
    なんか言いずらい(笑)


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    22:58  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月06日(火)

    昨日はテディ通院日

    午前中に行こうと思ってたのだけど、朝ごはん→昼まで爆睡のテディ。
    やっぱり昨日もそのパターンになってしまい、起こすの可哀想で夕方からの診療で行ってきました。
    だけどもう暗くなってたので、やっぱりこの季節の夕方通院は厳しいかな。

    いつものお薬頂いて帰宅後のテディ♪
    201811061050138d5.jpeg


    201811061050147db.jpeg


    待合室でも診察台でも立ちっぱなし!
    この子、ずっと立ってられるの。
    だから鍼灸の施術の30分間も立ちっぱなし。
    私が出掛けると2時間くらいはドアの前で立ちっぱなし。
    凄い体力だなーと感心します★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    10:54  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年11月01日(木)

    まだまだ自力で♪

    相変わらず可愛い子ちゃん♪




    『よっこいしょ』と自力でまだまだ起き上がれる19歳★+゚
    って、画像切れてますけど(笑)
    20181101214712aac.jpeg


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    21:52  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月31日(水)

    最近のテディ

    おかげさまで何事もなく元気にしています♪

    3回目のごはんのあとに、ぐっすり~


    早いものでもう来週頭にはテディの病院。
    寒さも増して来てるので、そろそろ午前の診療のほうがいいかな。


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    23:05  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月27日(土)

    今夜のテディ♪

    昨日今日と、まぁ~ビックリするくらい寝続けてました。。
    きっと低気圧が影響してたんだろうな~
    そうだ。だけどね、ご飯の時だけは目が覚めるようです(笑)

    夜からはいつものテディ♪


    元気です★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    19:58  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月20日(土)

    鍼灸の動物病院(25回目)

    昨日はテディ、鍼灸の動物病院の日でした~
    今回は鍼灸の先生に、テディが無事に19歳を迎えられたこと、そして感謝を告げてきましたが、鍼灸の先生てば、テディが目も見えて耳も聞こえていることにいつもびっくりされる。なので今回も・・・(笑)
    まぁ、目が見えて、耳が聞こえていると言っても、ぼんやりですけどね。。
    だけど、見えてるし聞こえてるのは凄いですよね!


    なんか、、ぶちゃいく!!(笑)




    鍼灸の行き帰りに必ずカトリック教会の前を通るんですが、そのお話はまた来週か再来週にでも((* ॑꒳ ॑* ))



    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    23:49  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月17日(水)

    テディ、昨日は病院の日

    昨日は病院の日でした。
    ありがたいことに、何事もなく過ごすことができてます★+゚
    なので、特にこれといってなくて、お薬21日分頂いてきました。


    病院の待合室で★+゚




    帰り道にオチッコタイム
    20181017153301edd.jpeg





    夜ごはんのあとは爆睡。
    だけど、3回目のごはんの時間にはちゃーんと目が覚めるの。
    正確な腹時計です(*´艸`*)
    20181017153252a87.jpeg



    20181017153256b41.jpeg


    昨日も、おりこうさんに病院行って来ました♪


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    15:40  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月05日(金)

    テディ、19歳になりました♪

    おかげさまで、テディが元気に19歳のお誕生日を迎えることができました♪

    ごはんは自力で結構な量をしっかり食べているし、歩行もOK。
    目はぼんやり見えていて、お耳もかすかに聞こえているようですョ。
    2018100511070098f.jpeg



    今日はお祝いなので、お赤飯です!
    昨日は一足先に実家の分のお赤飯を作ってお重箱に詰めて宅急便で送りました(*´艸`*)
    2018100501281490f.jpeg
    (北海道のお赤飯は甘納豆が一般的。なので、食紅を使って色付けするんですョ!)



    年をとる度に童顔になっていきます。
    やっぱり19歳には見えませんね!

    1999年10月5日生まれ
    20181005000805269.jpeg


    2018100500080699c.jpeg


    いつもブログを見てくださって、そしてテディを見守って下さって、ありがとうございます。
    そして、病院の先生方をはじめ、テディに関わって下さっているたくさんの方々に、心から感謝★+゚


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

    10:28  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑

    2018年10月03日(水)

    今夜のテディ♪

    相変わらず可愛い♥️



    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


    20:46  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |  NEXT