*All archives   *Admin


    2017年03月08日(水)

    テディ、急遽 病院。

    昨夜21時ころから様子がおかしいテディ。
    この子、調子が悪いと表情に出るのでわかりやすいです。

    時間が経つにつれ歩行が困難になっていきました。
    夜中に1~2回、オシッコで起きるテディ。
    起き上がれないのでモゾモゾ始まったらおトイレに連れていき、腰を支えながらの排尿。

    今朝になって様子を見るt、歩行は困難。
    が、時期にふらつきながらも歩く。
    テディの朝ごはんの準備を始めると、嬉しそうに足元で待っています。
    あれ?歩行大丈夫かも?
    その後、病院へ行く準備を始めると私の後ろを着いて歩くので、「あれ?歩けるよね?」ということで準備は止めて様子見。
    そしてお昼寝。



    夕方になって、またふらつき始め、転ぶと起き上がることができなかったので、昨夜と同じに。
    高齢によるものなのか、他に何か原因があるのか・・・
    食欲はあるのです。
    だからといっってもう一晩、様子を見る・・・にしても、気になることがある時の一晩はめちゃめちゃ長く感じるもの。
    こうなったらさ、もう、私が安心することが一番。
    夕方からの診察を受けることにして病院へ向かいました。

    右目も涙目でパッチリと開けられず変なのです。
    これはきっと歯だろうな~と、、



    院長先生に歩様を見て頂いて・・・・
    テディの場合、いろんな原因が考えられると・・・
    以前からの心臓の雑音。そして肥大。それで突然、こてッと倒れる可能性。
    原因不明の発作を昨年から起こすゆになっているのでその関連性。
    背骨が曲がっていて、そのことが立てない原因の可能性も考えられる(年々、曲がり始めたのです。)
    などなど・・・・他にも説明を受けまして・・・
    『17歳という年齢を考えるとCTやMRIというわけにもいかないし・・・、今の時点では「これが原因」とは言えない。この年齢になると原因は色々考えられるので、もう少し様子を見て欲しい』とのこと。

    もう一度歩様を見たとき、ふらついたのですが、これは加齢によるものかな。と。
    ただ、年齢のわりにはしっかりと周りを見て歩いてますね。とのことでしたが、なんかね、先生や私の顔を見上げながら楽しそうに歩いてました。

    目はやっぱり歯茎の炎症、、


    これといった原因は今回わかりませんでしたが、何はともあれ、緊急にどうのっていうのがなかっただけ不安は取り除かれました。
    病院へ行く前の気持ちと行ったあとの気持ちはやっぱり違う。
    行って良かったです。


    普段から突然、コテンッと転ぶのです。(今回は普段のとはちょっと違うので病院に行ったんだけどね)
    そのたびに、「バンッ」と音が響くのです。痛いよね

    2006年にコルクマットを敷きました。
    リビングに181枚を敷き、5時間掛かりました。
    そして結局、216枚を敷き詰めたの。
    こんな感じで↓
    20061111000527.jpg
    (「うふふっ、ジュッッ君♪)



    061129_0953-0001.jpg
    年数が経つにつれコルクマットもボロボロになっていき、今はもう撤去していてフローリングになっていました。
    なので、またコルクマットを敷くことにしまして、先ほど注文完了。
    今回は家具は動かさず、家具の内側に敷こうと思ってます。5時間は懲り懲りだからね、、




    病院からの帰宅後、夜ご飯食べて満腹になり~、ストーブ前で爆睡★*゚
    20170308202311faa.jpg


    早く落ち着きますように・・・


    にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

    21:22  |  テディの症状・経過・病院  |  編集  |  Top↑
     | HOME |